絵本セラピスト協会とは

絵本セラピスト協会2つの柱

img_about_pillar_illust01

大人が絵本を読む事の意味をお伝えし、受講して頂いたみなさんには「大人に絵本ひろめ隊®」の隊員になって頂きます。身近な人たちに絵本を伝えるための技術を学んだ仲間を増やし、大人も絵本を読むのがあたりまえの平和な社会を目指します。

img_about_pillar01
img_about_pillar_illust02

大人が絵本で癒されるのは何故でしょう?1冊の絵本を一人で楽しむだけでもOKです。しかし絵本を組み合わせたプログラムをグループで楽しむと、相乗効果が発揮され、心の距離もぐっと近づきます。絵本セラピー®の原理をしっかり学んだ「絵本セラピスト®」を育てます。

img_about_pillar02
絵本セラピスト協会のビジョン

絵本セラピー®とは

絵本の力を借りて、その人のありのままを自然に引き出す、大人のための「ふれあいと気づきのワークショップ」です。
選び抜かれた簡潔な言葉と感情に直接届く絵は、耳と目から感覚に働きかけます。日頃、理論的・常識的な考え方を優先し、心で感じていることと外に表現する言葉があまり一致していない大人にとって、絵本セラピー®は感情と表現が一致することの心地よさを体験する事ができる場です。この裏表のない自己表現体験を繰り返す事は、この上ない癒しにもなり、自らの気付きによって自分で解決に向かう、カウンセリングの理想的プロセスと同様の効果を表します。
ワークショップでは絵本を読んだ後、簡単な問いかけを行い、感じた事を分かち合う中で、今まで忘れていた気持ちや、自分とは異なる考え方に触れることができます。一冊の絵本でも、百人集まれば百通りの受け取り方と気付きがあるのです。

img_about_therapy01
  • 絵本はこころの処方箋
  • 絵本は大人の処方箋
  • 絵本セラピー®のネタ帳
トップへ